内祝いのマナー|結婚内祝いなどを選ぶ時やマナーなど気になるポイント

内祝いに困ったら

内祝いでは、特にお菓子を贈る方が多くいらっしゃいます。お菓子といっても様々となりますから、どのような物が相応しいのか困ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは内祝いにおススメとなるお菓子を紹介していきます!

内祝いにおススメのお菓子

no.1

クッキーやサブレ

クッキーやサブレは気軽につまめるものですし、幅広い年齢層から喜ばれる定番のお菓子となっています。パッケージが可愛らしいものも沢山ありますから、お子さんがいらっしゃるような方にもピッタリでしょう。

no.2

見た目が可愛いシュガー

シュガーは自分ではなかなか購入しないものですから、見た目が可愛らしいものを贈ると非常に喜ばれますよ。コーヒーや紅茶が好きな方に贈ってみてはいかがでしょうか。お茶とセットにして贈る事もおススメとなります。

no.3

老舗の和菓子

老舗の和菓子は多くの人から支持を受けているものですから、内祝い選びで困った時には最適となりますよ。和菓子はお祝いにピッタリなものも多くありますから、非常におススメなのです。

no.4

アソートボックス

色んな種類のお菓子がつまっているのが、アソートボックスになります。アソートボックスは見た目も良いですし、バリエーションが豊富である事から多くの楽しみを感じることが出来るでしょう。

no.5

健康的なお菓子

もしも健康を気にされているような方に内祝いのお菓子を検討するような場合には、野菜が使用されたものや、豆といった健康的な素材が使用されたものを検討されてみてはいかがでしょうか。

内祝いのマナー

箱を持つ人

郵送でも大丈夫

内祝いを郵送しても大丈夫なのかと不安に感じてしまうような方も多いかもしれません。確かに内祝いはお礼の気持ち、おめでたい事を伝える為の意味合いがあるものですから、直接渡すことが良いに越したことはありません。しかし贈る相手が遠くにいらっしゃるような場合には、郵送をしても失礼になるような事は無いのです。

内祝いの種類を考えて

内祝いを郵送する際に重要となってくるのが、贈るタイミングとなります。そのタイミングは内祝いの内容によっても異なってくるものですから、チェックが必要となってきますよ。例えば結婚内祝いは、式を挙げてから1か月以内に贈る必要があるでしょう。出産内祝いの場合には、赤ちゃんが生まれてから2か月以内を目安にすると良いでしょう。

のしの準備が大切!

お祝いの品を準備したのだから、のしは必要ないかな…いえいえ、そんな事はありません。のしはきちんと準備しなくては、マナー違反となってしまうのです。内祝いはその形式をきちんと守ることが大切となってきますから、ギフトを購入する際にはどのような目的であるのかをキチンと伝えるようにしましょう。目的によって、正しいのしを手に入れることが出来るのです。

広告募集中